Tuesday, June 30, 2009

長男のふざけ

フラッグの練習にて、
子どもたちの集中力が切れ、遊びのアタマになってしまうとふざけがとまらない。そういう子が2人、3人と複数になっていくとさらに歯止めがかからなくなる。コーチの話などそっちのけでちょっかいを出し合ったり追いかけ始めたり。

特に、この前の練習では我が子のふざけがとても目だった。こういう事が学校でも起きているかと思うと先生には申し訳なくなる。

フラッグの指導では、こうしたしつけ、マナーの指導も大切だと痛感する。
Post a Comment