Wednesday, January 16, 2013

長男、心の成長


最近の長男の様子。何かにつけて、約束を守れなかったり、生活の規律を守れなくなってきた。
これは、いわゆる反抗期なのか、学校や塾の勉強からの逃避なのかはよくわからないが、屁理屈をこねたり、視野・出来事の受け止め方が被害妄想的になっている。

長女も小学校高学年で同様の態度だったので、時期的なものなのだろう。長女の方はまだ子どもっぽさも残るが、このような反抗期というかわがままが最前面に出てくることが減ってきた。時期のピークは過ぎたように感じる。

勉強はさせなければならない反面、気持ちを張り詰める一方では子どもの方も疲弊してしまう。周りには複数の塾に行くようなひともいるようなことを考えれば、我が家はまだゆるいのではないかとも思うが、どう感じるかは子ども次第。面白いと思って取り組むか、いやいややるのか気持ち一つ。

甘えさせないように、かといって必要以上に負荷をかけないようにしたい。
Post a Comment