Monday, June 13, 2011

失敗学

最近、仕事に関連して「失敗学」を学ぼうと畑村氏の本をいくつか読み始めた。忘れたとか、やり損なった、と言う事象について学問的にアプローチしようとするのだから参考になる。

この畑村氏については、最近原発事故の検証のために失敗学会の理事長が起用されたということでご存じの方も多いと思う。私たちの日常業務に通用するような些細なことから国全体を揺るがす事故にも通用するのだからたいしたものだ。

この人の書いた本、以前にも別のテーマで読んだことがあって印象に残っている。そのときの感想として、こんな記事を書いていた。
http://tanakat13.blogspot.com/2007/05/blog-post_26.html

共通するのはこの畑村氏というところ、いろいろなところでつながるものだ。




Post a Comment