Wednesday, September 17, 2008

LEGO Mindstorms My choice

Mindstorms を手に入れようと思ってから、どれにしようかとだいぶ迷った。
情報はいろいろなサイトに散らばっているが、まとめておこうと思う。

Mindstormsのモデルと二種類のキット
Mindstorms には現在二種類のモデル、RCX と NXT があり、NXTの方が新しい。NXTは2006年に登場したようだが、今後使われるのはこちらのモデル。
同じMindstorms NXT でも、玩具用と教育用のキットがある。
違いについてはamazon のカスタマーレビューを見るとよいと思うが、主な違いは以下のようなところ。
  • ブロックの数
  • 収納ボックスの有無
  • 充電式バッテリの有無
  • 入手経路(販売店)
 
玩具用
教育用
 
キット内容
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レゴブロック (8527)
基本セット (9797) 
 
NXTプログラム制御レゴブロック
 
インテリジェントブロックNXT
1
 
 
 
充電式バッテリー
1
 
・インタラクティブサーボモーター
3
インタラクティブ・サーボモーター
3
 
・タッチセンサー
1
タッチセンサー
2
 
・サウンドセンサー
1
サウンドセンサー
1
 
・光センサー
1
光センサー
1
 
・超音波センサー
1
超音波センサー
1
 
USBケーブル
1
USBケーブル
1
 
・6ワイヤーケーブル
7
コネクタケーブル(長さ各種)
7
 
 
 
ランプ(ライト付ブロック)
3
 
 
 
変換ケーブル
3
(ランプとRCX用センサー/モーターをNXTブロックに接続する)
・作り方説明書
1
組み立て指示書、構成アイテム一覧など
あり
 
・ユーザーガイド
1
 
 
 
・クイックスタートガイド
1
 
 
 
・使い方の簡単なソフトウェア
1
 
 
 
・テストパネル
1
 
 
 
 
 
収納ケース(上段・下段の分類用トレー付き)
あり
 
・ブロック577ピース
577
全ピース数(セットに含まれる総アイテム数)
431
 

 

 

 

 

 

 
 
拡張セット (9648)
 
 
 
 
ブロック
650
基本セットとの組み合わせで2足歩行型ロボットが作れる
 
 
 
 
 
購入経路
Amazon, その他各種オンラインショップにて
 
 
 

また、玩具用/教育用の違いのほかに、ソフトウェアも2種類ある。
上記のキットに含まれるのは "NXT ソフトウェア" だが、NXTインテリジェントブロック用のプログラムを作るには "ROBOLAB 2.9" でも可能。このあたりのサポート関連図はラーニングシステム社の解説図がわかりやすい。

うちがどれを選んだかというと、こちらでも書いたとおり教育用セットにオリジナル教材がバンドルされていたafrel社のデスクロボシリーズ

Post a Comment