Tuesday, December 06, 2011

理科の研究ノート

週末、長男といっしょに理科ハウスを訪れた。理科の自由研究ノートにまとめるテーマについて調べるため。
今回のテーマは、「フクロウの羽音がしない理由とそれを応用したもの」について。
理科ハウスでは、フクロウの羽根の実物も見られたので、スケッチさせてもらった。こういう勉強はありがたい。

しかし、これをまとめたのは閉館間際の2-3分でのこと。それまでの時間に何をしていたかというと、その日展示されているものや、行っている実験に興味をうばわれ、当初の目的がどこかへ行ってしまうためだ。

この日の遊びは飛ぶ種のこと。カエデ、ニワウルシ、アオギリ、ラワン、ブナなどを模型にした折り紙を飛ばす。室内でも吹き抜けがあるのでこういう実験をやりやすい。
タネ作りから発展して、遠くへ飛ばすにはどういう形がよいのか、各人自前のアイディアを折り紙で作って飛ばしてみた。
ここまで来ると、長男としてはすでに遊び。こうした遊びもうまく先につながる遊びだとよいのだが。。。
左側がフクロウのはね。
右はトビ。
模様は似ているのだが、羽根の縁に注目。フクロウの方は毛羽立っている。

Post a Comment