Thursday, December 01, 2011

サイエンスカフェ 素粒子2


サイエンスカフェの続き。

素粒子の関連する話しとして、放射能のことも解説していただいた。
日ごろ、原子などを研究する立場から、放射能/放射線はとても身近な世界だとのこと。

3.11 以来、国民的に関心のある話しだが、放射線量とガンになる確率についての解説もあった。

通常の状態で、ガンの発生する確率は、33.3%
100mSv の放射線を受けるとこれが 33.8% になる

これを、多いと見るか受容できるリスクかは個人の判断。
ちなみに解説してくれた先生は、このレベルならば問題ないと判断して、筑波から逃げ出してはいないとのこと。

この確率が分かっているのは、ヒロシマの追跡調査の結果があるため。約50万人規模の追跡調査が出来ているためこのことが言える、とのこと。

客観的な知見が得られ、これもありがたかった。


Post a Comment