Monday, March 08, 2010

鎌倉かるた大会

6日土曜日、フラッグフットの体験会が中止になったおかげで、子どもたちが参加申し込みしていた「鎌倉かるた大会」を見に行くことができた。

そのおかげでこちらに来られるようになったとはいえ、雨の中で会場を訪れるのは雨具の準備など煩わしい。会場となったお堂の入り口も混雑していた。

大会の様子は、参加者は小学生が中心で20組前後。4人一組で対戦し、前で読み上げる読み札に従って、対戦する組が取り合う。もっと熱気がこもった試合を想像していたが、一回戦だったためか意外にもおとなしい対戦。争奪戦と言うよりも前に明らかに勝負がついているし、札を取るときにも「はい!」と元気な声が聞こえるわけでもなく、淡々と取った札を手元に重ねて行っていた。

長女、長男の戦績はどちらも一回戦負け。長男の対戦をそばで見ていて、初めのうちは調子よく札を集めていたように見えたが、結果としては10枚くらいの差がついていたようだった。子どもたちは、家での練習のときと違い、とても緊張しているようにも見えた。一回戦負けとは残念。

負けたチームからけんちん汁を食して帰る。おいしかった。

Post a Comment