Friday, January 23, 2009

おもちつき

1年生のお手伝いのため、おもちつきに参加させて頂いた。

週間予報、前日予報とも、ずっと雨予報だった。当日の天気は晴れることはなかったが雨は降らず。子どもたちはたこ揚げなどの外遊びもできたようだ。よかった。

案内された時間に到着すると、すでに皆様いらしていて活動中。何か集まって指示・案内があるのかと思っていたがそのまま準備に流れ込んだ。 

もちつきは、わたしとしては大好きなイベント。 
子どもの頃、親戚が集まって自宅の庭でもちつき大会をやっていたり、中学・高校時代も学校の寮で同じようにもちつき大会をやっていたので、段取りも分かっている。
その頃は、ドラム缶で湯を沸かしその上でせいろを蒸したりしていたし、段取りと言えばそのために火をつけるところから見ているので、体で覚えている。子どもながらに遊びながら横で見ていても、毎年の行事なので覚えていくのだろう。(ある説によれば、子どもが好きなのは、火と棒と水なのだそうだが、その三要素ともそろっている) 

最近では、幼稚園、学校でもある教育的にもちつきイベントを取り上げるので、その雰囲気が一部しか伝わらないようで寂しく思う。安全面など考慮しなければならない事情が以前よりも多いこともあるのだろう。ちょっと残念に思う。 
家族でのもちつきでもう一つ印象に残っているのは、いろいろな味付もちをつくこと。 好みで言えば、桜エビ、青のり。これをもちをついている途中で適量入れると、きれいにピンク色や草もちに仕上がる。桜エビなどは潮の風味がとても良いと思う。

Post a Comment