Sunday, July 26, 2009

「日本語が亡びるとき」

いろいろな書評を見て、読もうと思っていた「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で」水村 美苗 (著)
図書館の予約がやっと順番が回ってきた。
自分は読むのが遅い方なので読み終わるまでに期限が切れそうになってしまったが、読み切れた。

感想はひとこと。
日本語をもっと大事にしないといけない、と感じた。
我が家に買っておいても良いと思う。


Post a Comment