Monday, July 21, 2008

りんぷん観察

長男が、「何か顕微鏡でみたい」というのでこの前のアオコの観察につづいて、挑戦した。
今回は、ちょうのりんぷん
休みの日の朝から捕まえに行き、午前中のうちに観察。
捕まえられたのは、おそらくクロアゲハ。家に帰ってから早速りんぷんを採取。手に付いた粉をガラスにこすりつける程度で大丈夫だった。

長男は、この、観察を準備するプロセスは待っていられない。
なかなかピントを合わせるのに時間がかかったが、そのうちに気持ちが冷めてしまったみたい。やっと見られるようになって、1~2回ちょっと見ると「もういい」状態になってしまった。

一応、ちょうの全体と、顕微鏡で見たりんぷんはスケッチさせた。

それにしても、この顕微鏡観察。長男の「見てみたい」気持ちがなければできないことだ。
Post a Comment