Monday, July 14, 2008

My family steps: 手書きパソコン

My family steps: 手書きパソコン
日曜日、
朝、みんなよりもすこし早めに起きた長男はテレビを見た。番組のテーマは三宅島。
その後朝食の席で、番組のことを話題にあげると、何県にあるかとか、なんでテングサが名産になっているか、とか話題が広がった。
長男は早速三宅島とテングサを図鑑でもチェック。はじめはテングサは「水の生物」と思っていたようだが、「昆布とかワカメの仲間だよ」と教えると、すぐに植物の図鑑を取り出してきた。

長女は、三宅島の場所をグーグルアースでチェック。
噴火口の中や島に飛行場があることなどが見て取れた。

同じ日、別のタイミングで、今度は長女が月の満ち欠けのことを話題にあげた。
理科の授業で習ってきて、今度の満月の日を予測しようとしていた。
潮の満ち干と月齢が関係あることは知っていて、満月/新月の日に大潮になることも習っていた。先週の大潮で磯に遊びに行ったのでその日付と、土曜日ごろに上弦の月の半月になっていたことから、次の満月の日を推てようとした。
自分で考えた予想と、インターネットで調べた月齢は、2〜3日のずれがあったが、おもしろい試みだ。
ちゃんと、理科年表などで調べられるようになるとよいと思うが、インターネットでも手軽に調べられるので便利だ。

パソコン、インターネット、グーグルアースなどのおかけで手軽に確かめられるようになったものだと思う。

最近、我が家のパソコンに、ペンタブレットをつけた。
先週の、ICTに影響された・・・と言う訳ではなく、たまたま入手できる機会があったので申し込んだだけなのだが。
今まで子どもたちがパソコンで絵を描くときにはマウスを使っていたが、もう少し思い通りに描けるようになるのではないか。
Post a Comment