Tuesday, October 16, 2012

好きこそものの上手なれ

「好きこそものの上手なれ」
今の長男の様子をよく表している言葉だと思う。

理科ハウスでの「ホンモノの元素周期表」コーナー。このおかげで元素のことについては発展的な内容までよく学べていると思う。
自分の楽しみで、いろいろと調べているうちに、詳しくなっているという典型。

私自身の経験では、中学の頃ある科目の係りについて先生の代わりに毎回の小テストの採点をしていたら、知らず知らずのうちに自分がよく覚えていたようなこともあった。

以前にテレビ番組でやっていた、灘高の先生の話を思い出した。そのときのキーワードは「遅読」。ある事柄について生徒の興味を引き出す形で自ら調べさせ、本人も気づかないうちに学んでいるという紹介のされ方だった



今度、本を読んでみよう。
Post a Comment