Wednesday, August 18, 2010

新しい家族

8月15日、日曜日

この日、8月の野鳥の会探鳥会が開かれていた。長男の自由研究もあまり進んでいないようだったので誘ってみたがイマイチ乗り気ではない。釣りに行きたいというので、手近なところを調べてみると逗子の釣具屋がファミリーフィッシングという企画をやっていて、午後出発でお手軽にシロキスを狙う船を出している。これに参加しようと思っていたら、波が高くこの日は出船しないという。天気は良く晴れていたのにに残念だった。

で、すこし手持ちぶさたになった午後、ペットショップに行ってみることにした。
以前より、わが家では犬を飼うことが念願。犬種もある程度目星をつけてあったのだが、その種類の子犬を最近ご近所のお友達宅が手に入れた。知らせを聞いて、妻と子どもたちはすでに対面済み。その子が生まれたお店にはまだ兄弟の子犬が残っているとと聞いたので見に行ってみることにした。
犬を飼うことはわが家の中では2年越しの約束。飼うことはほぼ決まっているようなものだった。
わが家として心配は世話の仕方。なにせ生き物を飼うのは初めてのことなので、お店の人にいろいろと教えていただいた。今後もいろいろとアドバイスをもらうようになりそうだ。

子どもたちも、わが家に子犬を迎える気満々。犬のしつけや家族としてどのように生活すべきか、お店の人の話を真剣に聞いていた。
思いやりの心、決まりを守ることなど、子どもたちの成長にも役立ちそう。末永く付き合いたい。
Post a Comment