Wednesday, May 06, 2009

元素・分子

5日水曜日、
長男は学校での調べ勉強で今度はヤゴについて調べることにした。ヤゴは理科ハウスでも飼育しているし、先日の探鳥会で抜け殻を確保したこともあり、現在の興味の焦点が合っている。

理科ハウスでは、模造紙で発表するときの挿絵に使うためにスケッチをしにいった。さすがに実物を描くのは難しく、図鑑の写真を描き写していた。

理科ハウスでは、それ以外にも楽しみなことがあった。最近の理科ハウスでの遊び道具は分子模型。ブロックを組み立てる感覚でいろいろな分子モデルをつくっている。
空気の分子などとても単純なものばかりつくっていたが、今日は、メタンハイドレートとダイオキシンを組み立てた。それがどのように有用か、どのように有害かまではまだ説明に至らない。
こうして見た目から入り遊びから入ると抵抗感がないのだろうと思う。

長女の方は、先日の真空実験で空気に含まれる分子の説明を聞いたり、その後、理科ハウスにある分子模型で遊んだりしているうちに元素に興味を持ち始めたようだ。

「目で見る化学」があったので借りてきたらとても引き込まれて眺めている。周期表を暗記せんばかりの勢いだ。
興味を持てるのはとても良いことだと思う。

Post a Comment