Tuesday, January 31, 2012

チャレンジ問題

やはり理科ハウスにて。次のような問題があり、長男がチャレンジ。
問題、
上から見ると正方形、横から見ると正三角形の四角すいがあります。
正方形の1辺が6cmのとき、この四角すいの表面積を求めなさい。
この問題の隅の方にはヒントが隠して書いてあり、そこには「√は使わないよ〜」とのこと。

なまじ三平方の定理などを知っていると、三角形の表面積を求めるとき、高さを求めたくて落とし穴にはまりやすい。長男もこの落とし穴にはまった。

知識があり過ぎてもかえって邪魔になる場合もあるという例だろう。

Post a Comment