Tuesday, January 11, 2011

土曜日、

木曜日のバードウオッチング調べに引き続き、下調べのために理科ハウスを訪れた。
普段いらっしゃる学芸員の方に伺うと、「野鳥の会」の会報誌を出してきて下さり、予定の時期、場所で見ることのできそうな鳥を一覧してくださった。
また、鳥の鳴き声データを聞かせてもらい(バードボイスペンという機械だそうだ)、聞き分ける準備も体験できた。

そうこうして長女がメモをしたためていると、偶然にも野鳥の会会員の方が来館。より詳しく見分け方を・・・お腹の色が違うとか、鳴き声の特徴(同じ音を必ず2回繰り返す)とか、足の色が違う、等々見分け方を細かく教えていただくことができた。本当にありがたい。

長男の方は
館内を見て回って遊ぶ。自分の感覚で、10秒、1m、100gを測るチャレンジ「ぴったり王選手権」にはまっていた。すごかったのは、たまたま訪れた長男の同級生。野球の練習帰りに立ち寄ったそうだが、おもむろに紐を引き出してなんの躊躇もなく「この辺」と切って見ると1m01cm。あっという間に一位にランクされていた。



Post a Comment