Tuesday, June 08, 2010

父の会

6月5日、土曜日、学校で父親の会が開かれ参加してきた。
全体の会ではサレジオ学院の河合神父の講演を聴き、その後学年別に分かれての懇談会があった。
河合神父の講演は、とても魅力があり話に引き込まれた。1時間の講演がとても短く感じた。

・当たり前のことは目に入らず、人の欠点などの目につくところばかりを見て評価したがるが、当たり前のことを見るようにしなければならない
・中身が変わっていなくても、周囲が違うことによって見え方が変わってくる(目の錯覚を利用しただまし絵など)
 子どもたちは、本質を評価してあげることで喜びを感じる
・子どもたちは大人(親、教師など)の後ろ姿を見て育っているが、近年は手本にしたくなるような大人が少なくなっていることが残念
・子どもたちの成績表を、どこから見ているか?
 行動評価の欄から見てやり、子どもの良いところを褒めることから始めるべき。


また、サレジオ学院での教育の一端もご紹介いただいた。繰り上げ合格者の方へのメッセージ、子どもたちへのおこづかいのアドバイス、等々。
ひと言での感想として、「このような先生がいらっしゃる学校で我が子を育ててもらってもよいなぁ」と感じた。

Post a Comment