Wednesday, September 08, 2010

某日

某日、私自身の誕生日を迎えたが、わが家は学期始まりの混乱プラス犬の骨折治療---まさにその日が抜糸のための通院---で朝からどたばた。
長男は、朝イチでは忘れていて、「おめでとう」をいえなかったことに自分自身が落ち込んでいたそう。また夕方電話したときに出た長女もテレからか言葉は重かった。
気遣いのできるように育っているようで、ありがたいと思う。
Post a Comment