Friday, November 21, 2008

逗子なぎさブラスゾリステン 鑑賞

第4回 なぎさブラスゾリステンの公演が逗子のなぎさホールで開かれ、家族そろって行ってきた。

前回の第3回の公演は、2007/7/16。我が家ではそれ以来今回の公演を心待ちにしていた。
なぎさブラスのマリンバ奏者、竹島さんのブログにあったが、観客の期待をどう裏切るか、を考えていたとのこと。その言葉通りにいろいろと期待以上のことがありとても楽しめた。

入口で配られたプログラムに記載されていたのは、第二部まで。
第一部で、「市民のためのファンファーレ」をはじめ、「入場」をテーマにしたオーケストラ曲を3曲+竹島さんのグロッケン演奏。第二部ではジャズのスタンダードナンバーを3曲と、「懐かしの映画音楽メドレー」

「たったこれだけの演目でこの入場料はちょっとお高いなぁ。しかしトッププレーヤーの演奏が聴けるので仕方がないか」などと思っていた。しかし、演目中にはアンコールを期待させる予告がある。いったんプログラム曲が終わり、拍手が鳴り止まない中メンバーが再びステージに戻ってくると、第三部のが始まった。
第三部のオープニングは「トランペット吹きの休日」子どもたちは運動会で聞き慣れた曲。それ以外も「お約束」の歌があり、前回長女が一番気に入った「湘南ヒットソングメドレー」もあり。
第二部以降のくだけた感じがとても好みに合う。演出なのか素なのか、このノリを長女も存分に楽しんだ様子だった。

演奏終了が21時前とちょっと遅かったが、ホールが徒歩圏内にある強み。子どもたちの生活リズムは崩さずに済む。ありがたい。

Post a Comment