Wednesday, October 08, 2008

どんぐりの見分け方

長女の理科研究。今週はどんぐりの見分け方を調べた。

理科ハウスの展示に加え、学芸員の方のアドバイスで本を借りてきた。
amazon の「カスタマーレビュー」にも書いてあるが、どんぐりのことを調べるにはとても役に立つ本。
長女も、このシリーズを一揃い欲しい、とねだるほどだ。

どんぐりの見分け方としては、主に「かくと」と言われる、どんぐりの帽子のところで見分けるのだそうだ。これがシマ模様か、ウロコ模様か、ヒダになっているか。あとは、どんぐりの形。
これだけのことでも、自分では知らないものだ。



もう一つ、目を引く本があった。
一応、amazonへのリンクをつくっておくが、マーケットプレイスの商品。新品はなさそうだ。


この本の特徴は、立体的に見ることができるステレオ写真を使っていること。さらに、ステレオ写真を簡単に見られるように、鏡を使うような仕掛けがあること。
とてもおもしろく、どうやったら入手できるか調べてみた。

丸の内・丸善の店舗で調べてみると目録に載っていた。DK Publishing 社 の Eyewitness というシリーズと言うことが分かったが、在庫なし。取り寄せてはいすることはできるが、国内流通に在庫があるか、出版元まで手配しなければならないかによ り、入手時期や値段が異なってくる。 ISBN 番号を伝えれば手配できるとのことだった。
また、webで探してみて、DK Publishing のサイトを検索しても該当の本は出てこない。
すでに廃盤になってしまったのだろうか。うーむ、残念。
Post a Comment