Sunday, August 17, 2008

理科ハウス

ずしはや日記から理科ハウスの存在を知り、理科ハウスの夏休みが明けるのを待って家族で行ってみた。

ずしはや日記は、湘南ビーチFMの番組ブログ、理科ハウスは「世界一小さな科学館」というふれこみの小さな建物。2階建て4部屋程度の大きさの住宅を改装したような場所。
詳しくはずしはや日記や理科ハウスのホームページで確認頂くとして。

長女、長男とも「あわよくばアドバイスしてもらえるかも」と思って夏休みの自由研究の書きかけを持って行った。
狙いはぴたりとはまり、大三角形の観察のことも、ちょうの観察のこともよくアドバイスしてもらえた。特にちょうの観察については見分け方をよく教えて戴き、ひとつのちょうは間違って見分けていたことも教えてもらえた。
クロっぽいアゲハチョウを「クロアゲハ」と思っていたのだが、後ろ羽根の形状(尾状突起)から「ナガサキアゲハ」だと思われるとのこと。ナガサキアゲハは以前の分布では南の方だけだったのだが近年分布が北上しているとのこと。

近所にこのような施設ができ、子どもたち、特に長男の探求心を満たせそうな相談所ができたようなおもいだ。活用したい。
Post a Comment