Sunday, February 18, 2007

パソコン講座3

長女向け、パソコン講座を日曜日も実施。
講座と言っても、今回はあまり見てやれず、好きなように使わせるような状態だった。
長女は、ワードパットとペイントがあれば今のところ十分。ほとんどはペイントでお絵かきに時間をかけていた。

今回教えたことと言えば、
  • ペイントで描いた絵を保存するために、「名前をつけなければいけないこと」
  • 保存した文書を開けば、前に描いた絵が呼び出せること
  • 文書を整理・保管するためにフォルダを使えること
などをを話しただけ。
次回は、ペイント、ワードパットで文書のアイコンが違うこと(ファイルは、開くアプリによって違う種類の文書であること)などが理解できればよいか。

今回驚いたのは、長女が案外キーの配列をおぼえていることだった。これまで、パソコンを主体的に使わせたのは数度しかないが、文字を入力させるために適当な文章(「あんたがたどこさ」の歌詞)を打たせたが、思いの外早いスピードでキーを叩いていっていた。ここまでキーの配置をおぼえているとは思わなかった。さすがにまだ、10本指、見ないで入力、と言うわけにはいかないが、キー入力のホームポジションなども教えていった方が良さそうだ。
Post a Comment