Saturday, January 20, 2007

新しい用語のおぼえ方

日経の夕刊のコラム「夕&Eye」から
「IT学び 子供守る」 -- ネットや携帯 トラブル心配  啓発講座相次ぐ ルール作り支援
というタイトル/サブタイトルのものだった。

趣旨としては、
インターネットや携帯電話の普及に伴い、子どもたちが有害情報に近づく機会が大いに増えているが、そのことを適切に指導したり指針を与えたりすべき大人たちがインターネットの実態を良く知らない。もっと大人たちが勉強して子どもたちの利用実態を把握できるようにすべき、ということと、そのための啓蒙活動を行う団体ができつつある、という記事だった。

私は机の上にあったこの記事を「ふーん、そうだよなぁ」という感想で一通り目を通した。

一方、妻はこの記事をみて、分からない単語がとても多く記事の趣旨を読み取ることが困難だ、とのこと。
ウェブを使い慣れない人たちにとっては、ウェブ辞書などで用語を調べたりするには敷居が高い。imidas とか 現代用語の基礎知識 とか知恵蔵を買うのが良いのだろうが、年々更新され新しい用語が増えていくのに毎年辞書を買うのはもったいなく思う。

記事を書きながら、オンライン辞書はケータイ・ウェブからも使えることに気づいた。試してみようと思う。
Post a Comment