Thursday, June 13, 2013

試験に向けて

6年生にもなると徐々に年明けの試験に焦点を合わせるようになっていく。気づけばあと半年と少し。

学校の父の会では、6年生の受験を控える子どもたちの家庭へ向けての話しがあった。
子どもたちが、プレッシャーやストレスから思いもよらない行動につながる場合がある、家庭にて子どもたちへのケアをして欲しいとのこと。


また、長男の通う塾で保護者面談もあり、最近の勉強の様子や試験に向けての補強箇所などを聞いてきた。

分かりやすい指標として最近受けたテストの話しから始まったが、受験で良い結果を得るために保護者が出来ることとは、家庭での態度や環境や雰囲気から、本人自ら勉強をする気にさせることが大切、というところに行き着いた。

他人の意識、行動を変えるのは難しいが、我が家でも充分に見守っていきたい。
Post a Comment