Tuesday, February 12, 2013

得手不得手


長男の勉強を見ていると得手不得手が手に取るように分かる。
当然、得意科目は自分の興味のある分野。

我が身を振り返ってみれば、自分が子どもの頃は考えを述べたり紀行を綴ったりすることは大の苦手だった。そういうことは血を引くらしい。これは毎日のことなので、宿題の時間は修羅場になっている。

私がblogを書くのも、未だに作文の修行のため。なかなかうまくはならない。

Post a Comment