Monday, March 12, 2012

清書

長男の字。
普段の日記や自由研究のノートは、殴り書きのような、識別困難な線を書く。遺伝という訳ではないのだろうが親子で似てしまうものなのかと、申し訳なく感じたりもする。

つい先日、ダイニングのカウンターに置いてあった、学習発表会の案内のカード。妻に聞けば、子どもが各家庭向けに自分で書いたものだとのこと。書写検定に出すようなキレイな楷書で書いてあった。

やればできるのに、普段から丁寧に書かないのはもったいない。


Post a Comment