Monday, October 24, 2011

チョウとガ 続き

長男の理科の研究ノートは引き続きチョウとガのこと。
今度は世界/日本でそれぞれ最大/最小を調べた。

せっかくこれまでに、「チョウとガには、明確な違いはない」と調べたのに、それでも最大のチョウ、最大のガと調べたくなってしまうようだ。図鑑にそのように書いてあるから仕方ないか。図鑑などでチョウといっているのは、「セセリチョウ科」「アゲハチョウ科」「シロチョウ科」「シジミチョウ科」「シジミタテハ科」「タテハチョウ科」のいずれかに属する、と言う意味なのだろう。
長男には、せめて、「最大」「最小」と呼ばれるチョウやガが何科に属するのかは調べさせた。
また、「最大」とは、どの部分を測って最大なのかも理解した様子。はかり方にも前翅の長さを測ったり、広げた翅の幅を測ったり違いがあるようだ。

チョウのことは、このページを大いに参考にした。
ぷてろんワールド
Post a Comment