Wednesday, September 21, 2011

バザー

土曜日、小学校でのバザーがあった。

例年、学年が上がってすぐの頃から下準備がはじまるが、今年は比較的早い段階から例年通りには行わないことになった。
最終的には安全面への配慮と集めたお金を震災復興に役立てたいなどの慈善の気持ちから規模は小さくして開催。例年、保護者のお手伝いも「総出」という感じなのだが、今年は規模が小さくなった分人出にも余裕があったように感じた。

少ない機会だが学校での行事のために働くことができることを嬉しく思う。ただ、こうした意見は昨今のご時世ではどうやら少数派のようで、それはまた残念に思う。

長男は、さすがに高学年にもなり、親と一緒に行動する訳ではない。構内ですれ違ったときの様子、家に帰ってから見せてもらった景品からは楽しんだことと思う。

雨が降ること無く、無事に開催できてよかったと思う。




Post a Comment