Wednesday, April 06, 2011

4月からの学校生活

小学校からのプリントで4月からの生活の案内があった。

計画停電や放射能のことを考えつつ、子どもたちの安全確保を模索するような内容。
主な内容としては 、
登下校への配慮(通常よりも短い学校滞在時間になるよう、ピーク時間をはずした登下校時間)
計画停電が朝から実施される場合に学校を休みにすることも含めた対応
屋外、野外での授業の制限、保護者の集まりを含めた行事の中止
等々
私立の学校では地域の学校とは違う苦労がありそう。震災当日の帰宅もそうだったが、学校としては登下校時の子どもたちの安全がいちばん気を使うことなのだろう。

このことは、寮で生徒たちを預かるわが母校でも同様のことがいえそう。寮で食事の世話をしなければならない立場としてはそれ以上の苦労がある。

いずれにしても、今まで経験のないことを試行錯誤していくことになる。創造性やバイタリティが試される。

Post a Comment