Thursday, March 21, 2013

理科ハウス「みんなのぎもん」

20日の祝日、長男は理科ハウスへ遊びに行ったので、私も送り迎えで訪れた。
理科ハウス「みんなのぎもん」に掲示された長男からの疑問に目が留まる。

・sin, cos, tan (三角関数)はなんの役に立つのか
・惑星の軌道は楕円軌道で、楕円の1つの頂点には太陽がある。もうひとつの頂点には何があるのか
・パンスターズ彗星の軌道は、なぜ放物線なのか (なぜ、ハレー彗星のように戻ってくる長楕円ではなく、一度きりしか観られないか)

私としては、なぜそこに疑問を抱いたのか、という興味の過程、それが不思議だと思うに至った発想の方が気になる。

 
「みんなのぎもん」コーナーでは、「なぜ、人はガンになるのか」という質問もあった。
これに対して、国立がんセンターの方が答え書いている。回答いただける人たちの幅広さに驚いた。
(これは、昨年、理科ハウスがサイエンス・アゴラに出展したときの協力してもらったものだとのこと)

理科は素朴な疑問に対する答えを探る探求心が大切。と、改めて思う。
Post a Comment