Friday, November 05, 2010

フラッグお手伝い

フラッグフットのチームの関係から、藤沢の小学校の授業をお手伝いする機会があった。
訪ねてみて、いろいろと感じるところがあった。

ゲーム形式の授業をしたいので審判の手伝いをして欲しいと聞いていたのだが、行ってみれば「全部お任せします、よろしく」と丸投げ。
フラッグフットの授業は、新しい指導要領に取り込まれたものの一般には馴染みが薄いためか、指導に当たる先生としてはどこから教えたらよいのかわからないというのが正直なところなのだろう。
担任の先生がすべての授業を見るのだから得手不得手はあるだろう。訪ねた学校では、学年の担任同士で担当する体育の授業を分担しているとのことだったので、それでもまだ素養のある先生だったのだと思う。

こうした、規律の厳格さがなく寛容というべきか、好い加減な具合で進めて行くさまは、普段あまり経験がなかったので新鮮だった。

運動として普及させるにはもう一歩努力と工夫が要りそうだ。
Post a Comment