Tuesday, February 12, 2008

議論できる喫茶店

3週間ほど前の記事、
1月21日付けの日経朝刊、インタビュー領空侵犯というコラムから。
この日のテーマは、大阪大学学長の鷲田清一さんが、自由に議論ができる場としての喫茶店を増やすべきだと提案。

この記事を読んでの率直な感想とは、
「それって、最近のネット事情。Web2.0などが一番近いイメージなのではないか」と言うこと。物理的な喫茶店などという場所ではなく、ネットの仮想空間の中で意見交換が繰り広げられているではないか。
Post a Comment