Monday, January 14, 2008

ケータイ、オプション契約

携帯電話の料金プランは確かにわかりにくいと思う。
「総合カタログ」をもらってきて、料金プランに変わりがないか見ているつもりだが、それでもそう思う。

昨年末携帯電話を買い換えたが、そのとき店頭で、吟味する余裕すらなく店員の薦められるままに加入したいくつかのオプションについて見直した。

EZ待ちうた、指定割を廃止に。
待ちうたは「別に必要ない」と思ったし、指定割は、オプション料金を払って通話料を半額にするほどの通話先はない。

安心ケータイサポートは続けることにした。保守契約に入るような感覚だ。故障したときの修理代は無料または割引になるし、故障しなくても1年ごとにバッテリーを新しくしてくれるので悪くないサービスだと思う。

つい最近始まった「買い方セレクト」
選択肢はフルサポートコースかシンプルコースだが、フルサポートコースを選択していた。
2年間の契約拘束期間があるが、機種変更時に費用が抑えられることがメリット、と聞いていた。
改めて調べると、通話料金や基本料金が、シンプルコースのほうが若干割安のように見えた。
が、普段の通話の頻度ならば無料通話分に収まっているのでリーズナブルと考えられた。

それにしても、契約時に説明は受けているのだが、それだけの短時間で料金プランの全容を理解するのはちょっと困難。
どうにかならないものか。
Post a Comment