Wednesday, August 15, 2007

キャンドル作り(2)

二日目の作業

前日作ったモザイクや型抜きをしたキャンドルを組み合わせ、型に流し込んだり芯を通して火をつけられるようにした。

作成したキャンドルは、モザイクキャンドルとケーキキャンドル。

前日の経験から、何度くらいで溶け始めるとか、どのくらい冷めてきたら難くなるとか、まだ手で曲げられる程度の堅さになるか、など、多少分かってきた。

パラフィンを溶かすのも前日の経験より、IH(電磁調理器)+湯煎というやり方に変えた。

前日の素材(モザイクチップ)作りとは異なり、形ができあがっていくので、飾り付けやデザインの楽しみがあったのではないだろうか。
前日同様に2~3時間で完成。

夏休みの作品のため、2学期に学校に提出したあとでの点灯になるだろう。

あとさきが逆になるが、子どもの宿題としてはどのようにしてキャンドルを作ればよいのか、まとめさせなければ。





Post a Comment