Sunday, March 27, 2016

TED Talks

NHKスーパープレゼンテーションの元動画、TED.
TED talks を podcast で見るようになり、最近「アメリカが新生児の親と赤ちゃんを失望させている理由 」というプレゼンをみた。

プレゼンのなかに次のような箇所があった。
4:18
「現在アメリカでは 全労働力の47%を 女性が占めています そしてアメリカの家庭の40%では 女性のみ または女性が主として 家計を支えています 女性の有償労働は アメリカ経済の中核を担っており そして家族を支えるにも 不可欠なのです 国家レベルでは 有償労働は 個人の選択ではないのです」
4:49
「国家レベルでは女性の出産は 個人の選択ではないということです 働く女性が多い中 彼女たちが出産する子どもは いつか労働力となり 国家の安全を守り 税基盤となるのです」

このような議論を、日本の状況を対象にされていることを、残念ながら思い当たらない。(単なる勉強不足?)
このアメリカの状況と比べ、女性の労働力の点で日本は同等レベルなのか、遅れているのか、日本の数字を見てみたいと思う。

https://www.ted.com/talks/jessica_shortall_how_america_fails_new_parents_and_their_babies

Post a Comment