Wednesday, August 06, 2014

父親の会

カトリック系の学校へ通う子どもたち。

神父様よりお話を聞く父親講座がある。幼稚園のときもあったし、小学校でも長男が最終学年のときに講座が始まった。小学校の講座は上位の中高校(女子校)の保護者も対象なので、長女がいる私も引き続き参加できる。
そして、長男が進んだ中学でも父親講座参加募集の案内をいただく。参加は強制ではないが、せっかくの機会なので参加させて頂こうと考えた。

先日、初めて男子校の講座に参加。小学校の講座と比べてもっと硬派な内容。

長男の学校での講座は、神父様から聖書の内容をいろいろな角度から解説してもらう。時代背景、民族、宗教、会派同士の対立構造等々。

長女の学校での集まりでは、司教様からお話を聞く。が、あまり宗教の色はない。身近な題材、テーマからなぜそういうことになったのか、自分自身や周囲の人たちはどうすれば良かったのか。等々考えることを促すようにすすむ。倫理の講義を受けている感覚になる。

もともと集まりの主旨が異なることもあるが、両校でだいぶ雰囲気や講義の内容が違うものだ。
人生、家庭、教育(子育て)を再考する良いきっかけになる。
Post a Comment